キッチンの水漏れはどう対処すべきか解説しています。

当サイトでは、キッチンで水漏れが発生した場合の対処法などを紹介しています。
自分で修理すれば費用を抑えることができることや、実際の修理方法、そしてその際に予想される費用などについて解説しています。
うまくいけば、無料にすることができることもあります。
また部品の購入などで費用が発生したとしても、業者に修理依頼するのに比べれば、大幅に費用を抑えることができるでしょう。
一度修理のコツを覚えれば、他の箇所で同様のトラブルが発生した場合にも応用可能です。

キッチンが水浸しになっても慌てず水漏れを直すコツと修理費用が無料になる場合とは

キッチンが水浸しになっても慌てず水漏れを直すコツと修理費用が無料になる場合とは キッチンの水漏れは、蛇口からポタポタと滴が垂れてくるような場合もあれば、床に水たまりができてしまうような場合もあります。
キッチンの床に水たまりができてしまう場合は、排水管から漏れている可能性があるので、流し台の下を見てみましょう。
太い排水管が通っていますが、物の出し入れをしているうちに排水管のつなぎ目などがずれてしまうことがあり、そこから水漏れが発生することがあるのです。
このような場合はずれてしまった排水管をきちんと元に戻せば水漏れは止まります。
費用はもちろん無料です。
しかし、このような単純な修理でも業者を呼べば、工賃や出張料が発生してしまいます。
そのためまずは原因を調べ、自分で修理が可能かどうかをチェックすることが大切です。

キッチンの水漏れを自分で修理する方法を説明します

キッチンの水漏れを自分で修理する方法を説明します キッチンの水漏れを自分で修理する方法を説明します。
キッチンのどこから水漏れしているかによって、修理の仕方が変わります。
レバーやハンドルを閉めているのに吐水口から漏れている場合、内部のパッキンが劣化している可能性が高いので新しいものに交換する事で直ります。
他に、カートリッジの故障や内部パーツの劣化などが原因の場合もあり、新しいものに交換すれば収まります。
パッキンを交換する場合、まずはメーカーや品番に合わせて新しいパッキンを購入します。
シングルレバー混合栓では、水道の元栓を止めてからレバーをドライバーで外します。
レバー下にある部品をモンキーレンチを使って外し、蛇口を外してパッキンを新しいものに交換します。
あとは、元の状態に戻せば修理完了です。
シングルレバーの下や接続部などから漏れている場合、パルプが故障している可能性が高いです。
まず元栓を閉めてからレバーハンドルを抜いてレンチでナットを緩めます。
故障したパルプを新品と交換して元に戻し、正常に動くか確認します。
吐水口につながる細い管であるスパウトの部分で上下から水が漏れている場合、スパウト自体が故障しているかナットが緩んでいるか、パルプ故障やパッキンの不具合が考えられます。
まずレンチでナットに緩みがないか確認して、スパウト内部やパッキンの傷を確かめて原因を探り、パーツを交換して直します。

台所のつまりについてもっと詳しいサイト

台所 つまり 浜松市